記事の詳細

ETC車載機ってどう選べばいいの?

etchactioji

ETC車載器を細分化するにあたり、まず大きなな線引きとして「アンテナ分離型」か「アンテナ一体型」か の違いがあります。
読んで字のごとく…ですが、「アンテナ分離型」は、高速道路上のETCゲートと電波の送受信をおこなうアンテナが、車載器本体と分かれて別体となっているモノ、「アンテナ一体型」はアンテナが車載器本体に組み込まれているモノです。
で、使用上における両者の違いはどこにあるかと言いますと、実はETC車載器をお車に取り付ける際に大きな差があるのです。
一般的に「アンテナ一体型」のETC車載器は、ダッシュボード上に設置します。「アンテナ分離型」は、アンテナ部分のみをフロントガラス上部(ルームミラー裏あたり)に貼付し、車載器本体は運転席の足元やグローブボックス近辺など比較的目立たない箇所に設置します。
つまり、「アンテナ一体型」はダッシュボード上にドドンとその姿を晒しているのに対し、「アンテナ分離型」はパッと見、車内にその姿が目立ちません。
できるだけ車内はスッキリさせておきたい派な方は「アンテナ分離型」がオススメです。一方の「アンテナ一体型」も、分離型と比べると取付けが楽だったり、ETCカードの出し入れがし易いといったメリットがあります。一昔前ですと、「アンテナ分離型」よりも「アンテナ一体型」の方が価格が安い傾向にあったので、費用面で「アンテナ一体型」を選ばれる方も多かったのですが、昨今は「アンテナ分離型」と「アンテナ一体型」の価格差も小さくなっており、機種によっては「アンテナ分離型」の方が安い場合も出てきました。
ですので、今のETC市場の主流は「アンテナ分離型」になっています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る